Smile



あとで、題名を変えるかもしれませんが、とりあえず、話を進めさせていただきます。
暗い夜道をカルマの列は、ぐんぐんと鳥羽市急ぎそれぞれのねぐらへと向かうのでござい舞う。
十三夜の月は、秋空に煌々と照り輝いている。  こんな月がいくつもあったらずいぶん明るくなるが、一つだから、わかりやすいともいえる。  蟹ノ川橋を渡ってAW市に入ると、 河に沿ってごみ焼却場と、工場群が並んでいる。その、臭い処を通過して更に市中へと行く。工場群の前の暗い堀に落ちないように、細い道路を対向する車は気をつけているだろう。  おれたちは、パチンコ屋のネオンを横に見ながら左に曲がり、大通りに突き当たって、右へ。ここまでくれば、着いたも同然だ。陸橋を渡ると俺らの町が広がる。きょうのドライヴは、ラーメンのためであった。B町の長州屋は、東京帰りのいい味を出している。  おれたちは、偵察に行った。ラーメン屋だが、ラーメンは食い飽きないというわけさ。 序章  われ思うに、昼休みがある営業は、クライアント の不便である。ついには、よそにクライアントは行っちゃうのである。  ですから、交代で合い勤め、夜中は閉めるが、昼間には、休み時間を置かない。  小さなラーメン専門店が、いくぃのこっていくには、無論、味と内容が  良くなくてはなりません。   ところで、このところ、このビルの2階の学習塾の夜と言うのが、   騒がしく、暴走族のような単車持ちが出入りして3台、寝泊りしているようだ。  一階が古本屋で、その親父(主人)が塾もやっているのだが、夜中は、家に帰ってしまう。     何を夜中に、しゃべっておるか、と怒鳴り込んで言った。  「こら、なんです。お、宴会か。いらんよ、    何者かね。」  やつらは、塾の生徒であり、許されて寝おくぃしていると言う。  「 そんなら、静かに早く寝ろ。駄目なら、外へ行こう。」   と言い、後日、古本屋に苦情は言った。その後、夜中に騒ぐことは無いが    夜中に、バイクの音はしているので、やはり夜の出動を活動をしているのだ。  こんな塾は、問題を起こすのではないか。   しかし、とくぃどくぃ ラーメンを食いにくぃていた顔だと知った。  「お、夜遊びは続いているようだね、うるさいから、くぃをつくぇろよ。    エンジンは、遠くで処理しろよ」   ラーメンを食えなくなると思ったか、静かになった。  夜中に走るもんじゃねー、と言わなくても、そのうちわかるであろう。   うちの生徒ではない。 さまざまのクライアントが食べている。まずは、味である。
某チェーン店は、画一的なメニューと味である。  無論それは聡だが、味と内容は、値段に合っている。   しかし、いまひとつ、味が低い。  餃子は、ニンニクが、入りすぎてにがい。   この地方一般に、傾向が、にがい。  みそ、しょうゆ 両方だめで、塩味のみ普通に   飲み干せる。  当然、わが社は、工場出荷でない味を追求しているわけだ。   マンションの下の、小規模な経営は、少数のなじみ客に支えられる。  しかし、先の、ことは、わからない。やはり、独立した、  出店を考えないのではない。  8つづく8
tuduku

[★高収入が可能!WEBデザインのプロになってみない?! Click Here! 自宅で仕事がしたい人必見! Click Here!]
[ CGIレンタルサービス | 100MBの無料HPスペース | 検索エンジン登録代行サービス ]
[ 初心者でも安心なレンタルサーバー。50MBで250円から。CGI・SSI・PHPが使えます。 ]


FC2 キャッシング 出会い 無料アクセス解析